Le contenu

ブルゴーニュ・ワイン

私たちのクレマンはまず第一にブルゴーニュ産のワインです。ちょうど料理の塩と胡椒のように、気泡はワインを引き立てます。具体的には、生産はヴィンテージごとに行い、4つのカテゴリーのキュヴェに分かれます:

  • ガストロノミックワイン: ジャン=バプティスト·ショタールおよびジャンヌ·トマス。
  • ブドウ果樹園区画: オンシャゾ、レ·ライペ、および将来のタラントの区画。
  • テロワールのブレンド: 白とロゼのテロワール。
  • キュヴェのオマージュ: 90年のクレマンの歴史、受け継がれるキュヴェ。

私たちの製品系列

ヴィンテージキュヴェ ジャン=バプティスト・ショタール

ヴィンテージキュヴェ ジャン=バプティスト・ショタール

クレマン・ド・ブルゴーニュ
ブラン・ド・ブラン・ブリュット

ガストロノミックワイン ジャンヌ・トマス・キュヴェ

ジャンヌ・トマス・キュヴェ

クレマン・ド・ブルゴーニュ
ブラン・ド・ブラン エクストラ・ブリュット

シャゾ テロワール

シャゾ テロワール

クレマン・ド・ブルゴーニュ
ブラン・ド・ノワール エクストラ・ブリュット

ブドウ果樹園区画 レ・ライペ

レ・ライペ

クレマン・ド・ブルゴーニュ
ブラン・ド・ブラン エクストラ・ブリュット

レゼポティエ

レゼポティエ

タラントの将来の新しい区画

レ・テロワール

レ・テロワール

クレマン・ド・ブルゴーニュ
ブラン・ブリュット

テロワールのブレンド レ・テロワール

レ・テロワール

クレマン・ド・ブルゴーニュ
ロゼ・ブリュット

90周年記念キュヴェ

90周年記念キュヴェ

クレマン・ド・ブルゴーニュ
ブラン・エクストラ・ブリュット

キュヴェのオマージュ ヘリテージ キュヴェ 1926年

ヘリテージ キュヴェ 1926年

伝統的製法
ブラン・ド・ブラン・ブリュット

Crémants de Bourgogne

泡のアート

ワイナリーで 私たちのワイナリーに着くと、ブドウはすぐに、2つの空気プレスのうちの1つの中に直接分配されます。ゆっくりと繊細なプレス・サイクルが始められます。
圧搾 圧搾によって果汁の異なる特質が分離され、より厳格な選別が行われます: - キュヴェと呼ばれる、まさにその一番搾り果汁、- タイユと呼ばれる二番絞り果汁、- 蒸留所へ送られる、ルベシェと呼ばれる最後の絞り果汁。
沈殿(セトリング) 沈殿(セトリング)では、果汁の沈殿物を分離し、澄んだ透明な果汁を得ることができます。果汁はタンクあるいはカシ樽の中で発酵させます。
発酵 アルコール発酵とリンゴ酸から乳酸への転化発酵を、リアルタイム温度のコントロールおよび自己制御を行うソフトウェアで注意深くフォローします。
ワイン醸造プロセス 個別性: 私たちのクレマン・ロゼ作りでは、白ワインと赤ワインを混合していません。ピノ・ノワール種ブドウを直接プレスし、その典型的な芳香と光り輝くピンクの色を抽出します。
ブレンド 冬の終わりに発酵が終了してから、ベースワインをテイスティングし、さまざまなブドウ種とテロワールを合わせた最終ブレンドが行われます。(このオペレーションは、クレマン・ド・ブルゴーニュの私たちのプロットは関わっていません)。
ボトル詰め ボトル詰めでは、ベースワインをボトル詰めし、ショ糖と厳選イーストを加えて、ボトル内で3段階目の発酵を刺激します。これは、プリーズ・ド・ムースと呼ばれます。
プリーズ・ド・ムース プリーズ・ド・ムースと呼ばれる発酵は、私たちのクレマンの生産の中心にあります。私たちの地下室は、一定の温度に保つことが主な目的であり、結果に重要な役割を果たします。私たちは、クレマンワインをおりと一緒に数か月熟成させます。「ジャン・バプティスト・ショタール」キュヴェでは、最小12か月から最大48か月となっています。この熟成は私たちの地下室で行われます。その温度は12°Cから15°Cの間で一定に保たれています。
リドリング(瓶内二次発酵によって生じた澱を瓶口に集める作業) 手作業あるいは機械によるリドリングを行い、沈殿物がボトルのネックに集まるように、徐々にボトルを回転させて傾けます。
デゴルジュマン(おり除去と補酒作業)とドザージュ(リキュール添加) おりを含んだボトルネックは、-30°Cの温度のブライン浴に浸し冷却されます。このようにして「おり」が凍ることで、ボトルネックに沈殿物が捕集され、氷の塊を形成します。これは、ボトルを開けた圧力により、自然に放出されます。この時点で、「リキュール・デクスペディシオン」と呼ばれる甘味料が添加されます(エクストラ・ブリュット、ブルゴーニュ、セミドライ)
コーキングとマズリング コルクと金属キャップでボトルを閉じてから、ワインとリキュール・デクスペディシオンを混合します。数週間寝かせてから、ルイ・ピカメロのクレマン・ド・ブルゴーニュのボトルは、飲み頃を迎えます。
テイスティング 最良の受け台は、氷を入れたバケツです。味わう15分以上前にボトル開けてから、バケツで凍らせない程度に冷やしておきます。このようにすることで、嗅覚・味覚の芳香を最大限に楽しむことができます。狭いフルート型ではなく大きなフレア型グラスを選んでください。ご注意: 自動食器洗い機を使用してしまうと、泡が立ちにくくなります。